[PR] 賃貸 大阪 マーケット先読み
  1. 無料アクセス解析
マーケット先読み
商品先物取引に関する、相場予測ブログです。

プロフィール

協栄物産㈱ 本店店頭

Author:協栄物産㈱ 本店店頭
協栄物産㈱店頭で運営している相場ブログです!
皆様の相場分析の一助になれば幸いです。


協栄物産(株)
〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町2丁目13番13号
TEL:03-6892-4151 (大代表)



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11月第1週のマーケット先読み

商品先物取引のリスクについて


≪為替≫

ドル/円は、90円の処をドル買い方針。

ユーロ/円は、131円の処をユーロ買い方針。

ユーロ/ドルは、1.4300の処をユーロ買い方針。


≪金≫

NY金は、1050ドルの処を買い方針。

東京金は、3070円の処を買い方針。


≪東京ゴム≫

195円の処を買い方針。


≪トウモロコシ≫

シカゴコーン12月限は、340セントの処を買い方針。

東京コーンは、19800円の処を買い方針。


≪NY原油≫

NY原油12月限は、75ドルの処を買い方針。

金融危機から一年。
新春に聞いた、「景気回復の目安」は2010年始めとの回答が多かったように記憶しています。

ただ、「景気回復」の言葉は聞けど、態度に反映されていないようです。
日・米・欧各中央銀行は金利を引き上げず、景気をもう少し温める様子。

邪推ですが。
年明けから、順次国債買い取り等の政策を打ち切る方向に向かう様子なので、世界的な景気の底になり得るのは丁度今の時期と考えます。
企業は活動に必要な資源を確保し始め、連動するように価格が上昇しているのではないでしょうか。

そう考えると、今の資源価格はお買い得ではないかという事になります。

そういえば、著名投資家のジム・ロジャーズ氏やウォーレン・バフェット氏の名前を耳にするようになりました。

彼らの名前が出てくると、ちょっとした流れの変化を感じます。

ただ、彼らの言う事が全てではありません。あくまで目安です。

私たちが伝える大切なことは、これだけです。

☆ 資金配分を間違わず、資金にも、心にも余裕をもったお取引を行ってください。

と言われても、正直浮足立つような相場局面。
温かいお茶でも用意して、リラックスして相場と
向き合いましょう。


それでは、また次回です。
スポンサーサイト

商品先物取引のリスクについて

≪為替≫

ドル/円は、89円の処をドル買い方針。

ユーロ/円は、130円の処をユーロ買い方針。

ユーロ/ドルは、1.4600の処をユーロ買い方針。


≪金≫

NY金は、1020ドルの処を買い方針。

東京金は、3000円の処を買い方針。


≪東京ゴム≫

200円の処を買い方針。


≪トウモロコシ≫

シカゴコーン12月限は、340セントの処を買い方針。

東京コーンは、19500円の処を買い方針。


≪NY原油≫

NY原油12月限は、67ドルの処を買い方針。

若干、崩れだして来たよううに思われる商品相場。
これは「崩れだした」のでは無く、この秋の入口まで好調だった分の調整だと思います。

株価も崩れだしてはいるものの、世界的な視点ではどことなく「景気底固め」の雰囲気があります。
その日の取引を振り返ると、「リスク許容度の拡大」という言葉が多く見られるようになりました。

景気が良くなる → 収入が増える → 資金的な余裕が生まれる → 出来る範囲で投資する

景気先行きに対する明確な結論が出ておりませんが、米国も本腰を入れての「出口戦略」に乗り出してきました。
「先手必勝」がスローガンの様な米国経済政策なので、思い切りが良いです。

ただ、最近の「投資環境」は個々の銘柄事情というより、それぞれの国の経済事情に振り回されている事が多いので、大波乱時でもしっかり避難できる投資計画が必要かもしれません。

つまり・・・


☆ 資金配分を間違わず、資金にも、心にも余裕をもったお取引を行ってください。

来週は11月と、冬の季節にいよいよ突入です。
体調を崩されないように、頑張って行きましょう。

それでは、また来週です。

0-----0-----0-----0-----0-----0-----0-----0-----0-----0-----0

■ 協栄物産ホームページ ■
最新の情報や、マーケットの動きはここでチェック!
協栄物産がお届けする、講演録や各種資料の請求もこちらから出来ます。


10月第4週のマーケット先読み

商品先物取引のリスクについて

≪為替≫

ドル/円は、90円の処をドル買い方針。

ユーロ/円は、135円の処をユーロ買い方針。

ユーロ/ドルは、1.4600の処をユーロ買い方針。


≪金≫

NY金は、1000ドルの処を買い方針。

東京金は、3000円の処を買い方針。


≪東京ゴム≫

195円の処を買い方針。


≪トウモロコシ≫

シカゴコーン12月限は、340セントの処を買い方針。

東京コーンは、20500円の処を買い方針。


≪NY原油≫

NY原油11月限は、75ドルの処を買い方針。


東京でも、とうとう秋一色といった雰囲気になりました。

天高く、馬肥ゆる秋。

秋は、食べ物がおいしい季節ですね~。
・・・などという言葉で現在は良く言われるこの言葉。

本来は違う意味だそうで。
中国の故事成語らしく、「北の寒い土地から馬に乗って敵が流れ込んでくるから気を付けろ!」という意味だそうです。
当時の北の土地は農耕には適さず、秋の実りの季節に一斉に冬の食料を確保するために南下してきたとのこと。
つまり、季節の変わり目には大きな変化がもたらされるといういい例だったそうです。

・・・日本はとても平和な国ですね。

さて、相場も何となく利食いという収穫期に入ってきたような気配です。
上手く種まき出来た方は、少しずつ刈り取っていきましょう。

種まき出来なかった方も、慌てずに。
今から収穫する人たちを少し見送ってからでも遅くはないと思います。

焦って種をまいたら、先客さんの肥やしにされてしまうかもしれませんから。

収穫する時も、種をまくときも、この言葉を忘れずに。

☆ 資金配分を間違わず、資金にも、心にも余裕をもったお取引を行ってください。

美味しいときに収穫して、次の季節を待つ。
季節の変化をゆっくりゆっくり見ていきましょう。

それでは、また来週です。

0-----0-----0-----0-----0-----0-----0-----0-----0-----0-----0

■ 協栄物産ホームページ ■
最新の情報や、マーケットの動きはここでチェック!
協栄物産がお届けする、講演録や各種資料の請求もこちらから出来ます。


10月第3週のマーケット先読み

商品先物取引のリスクについて

≪為替≫

ドル/円は、89円の処をドル買い方針。

ユーロ/円は、130円の処をユーロ買い方針。

ユーロ/ドルは、1.4200の処をユーロ買い方針。


≪金≫

NY金は、1020ドルの処を買い方針。

東京金は、3000円の処を買い方針。


≪東京ゴム≫

195円の処を買い方針。


≪トウモロコシ≫

シカゴコーン12月限は、340セントの処を買い方針。

東京コーンは、19500円の処を買い方針。


≪NY原油≫

NY原油11月限は、73ドルの処を買い方針。


先週から一週間見てましたが、本当に怒涛の進撃でしたね。
正直、寝ても覚めてもまだ高いといった感じでした。

この相場の大波も、一週間経過するとより戻しが出てくる雰囲気です。
本日今朝の為替が90円を回復する動きでした。
景気が、我々の知らないところで徐々に回復していたようです。

この調子では、今まであった相場の高揚感にも一息入るのでしょうか。
上がった分の反動は大きいかもしれませんが、下の言葉を思い出してください。

☆ 資金配分を間違わず、資金にも、心にも余裕をもったお取引を行ってください。

ゆっくり、穏やかな気持ちで市場を見つめれば、事は良い方向に運ばれるはずです。

秋も深まり、各地紅葉の見頃になってきました。
山々は、もうすぐ燃える様に色づくのでしょうか。

長期休暇は取れずとも、心の休暇はしっかり取って、次からの波に備えましょう。

それでは、また来週です。


0-----0-----0-----0-----0-----0-----0-----0-----0-----0-----0

■ 協栄物産ホームページ ■
最新の情報や、マーケットの動きはここでチェック!
協栄物産がお届けする、講演録や各種資料の請求もこちらから出来ます。


10月第2週のマーケット先読み。

商品先物取引のリスクについて

・・・今週は、いろいろと変化が激しいので、事前に書いておきます。
もし少しでも、「高い」と思った場合は、利食いをかけてみてください。
相場の格言に「ひと買い、ひと売り、ひと休み」という言葉もありますので。

≪為替≫

ドル/円は、88円の処をドル買い方針。

ユーロ/円は、128円の処をユーロ買い方針。

ユーロ/ドルは、利食いのタイミングではないでしょうか。
利が乗っていれば一度決済して、1.4000まで休憩。


≪金≫

NY金は、1000ドル割れるまで待っておきたい処。

東京金は、利喰い推奨。次は2900円まで待ってみる。


≪東京ゴム≫

220円の処は利食いのタイミングです。


≪トウモロコシ≫

シカゴコーン12月限は、330セントの処を買い方針。

東京コーンの9月限は、20000円の処は利食いがおススメです。


≪NY原油≫

NY原油11月限は、66ドルの処を買い方針。



昨日は、台風がすごかったですが皆様のお体等は、無事だったでしょうか。
私どもは、幸いなことに大きな被害はありませんでした。

・・・相場にも、秋の嵐が吹き荒れています。

季節の変わり目には、大なり小なり相場の変化を感じることがあります。

今回、潮の変わり目がすごく大きいです。
引く波が大きければ、寄せる波も必然的に大きくなりがちです。
「逃した魚は大きい」と言いますが、大怪我をしては意味がありません。

☆ 資金配分を間違わず、資金にも、心にも余裕をもったお取引を行ってください。

少し駆け足で頑張ってきた商品相場の気配があるので、相場も連休に入るのでしょうか。
私たちも、連休前にある程度整理を付けて、ゆっくりと週末3連休を楽しみたいものです。

それでは、また来週です。

0-----0-----0-----0-----0-----0-----0-----0-----0-----0-----0

■ 協栄物産ホームページ ■
最新の情報や、マーケットの動きはここでチェック!
協栄物産がお届けする、講演録や各種資料の請求もこちらから出来ます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。